【CTime × SDGs】即位礼正殿の儀|安倍総理の寿詩(よごと)全文

令和元年10月22日、即位礼正殿の儀に参列された安倍総理大臣の寿詩(よごと)を全文を紹介します。

青葉

ちなみに”寿詩(よごと)”とは、天皇陛下の治世が久しく繁栄するように祝う言葉だよ

 

安倍総理寿詩(よごと)全文

謹んで申し上げます。

天皇陛下におかれましては、本日ここにめでたく即位礼正殿の儀を挙行され、即位を内外に宣明されました。一同こぞって心からお慶(よろこ)び申し上げます。

ただいま、天皇陛下から、上皇陛下の歩みに深く思いを致され、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、日本国憲法にのっとり、象徴としての責務を果たされるとのお考えと、我が国が一層発展し、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを願われるお気持ちを伺い、深く感銘を受けるとともに、敬愛の念を今一度新たにいたしました。

私たち国民一同は、天皇陛下を日本国及び日本国民統合の象徴と仰ぎ、心を新たに、平和で、希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ時代を創り上げていくため、最善の努力を尽くしてまいります。

ここに、令和の代(よ)の平安と天皇陛下の弥栄(いやさか)をお祈り申し上げ、お祝いの言葉といたします。

美しく心を寄せ合う

寿詩(よごと)は、天皇陛下へのお祝いの言葉ですが、安倍総理の寿詩(よごと)には、日本の政府、国民の代表として、令和の時代に向けた強いメッセージが含まれていると感じました。

みなさんご存知のように、「令和」という元号は万葉集の言葉から生まれています。

初春の令月にして 気淑く風和らぎ
梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす

【2019年4月1日 安倍総理会見より】
厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望と共に、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、『令和』に決定いたしました。

そして、この「令和」という言葉には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められています

令和天皇の即位、そして新しい時代に向けて、この令和に込められた意味をあらためて天皇陛下に誓ったのです。

心寄せ合うSNS「CTime」

私は「CTime」という無料SNSを使っています。

まだ知名度も低く、ご存知ない方も多いと思いますが、このSNSは「日本人らしさを大切にし、人々が美しく心を寄せ合い、誰しもが幸せな人生を送ること」を、その存在目的としています。

そして、このCTimeは、国連目標であるSDGsの目標達成に向けて本気で取り組もうとしています。

安倍総理が令和天皇に誓った言葉。

それは日本国民の誓いでもあり、人類の平和と繁栄に向けた令和という新時代のスタートなのです。

日本国民のひとりひとりが、その誓いを胸に行動するときなのです。

青葉

私はCTimeを通じて、SDGsの目標達成に貢献します!

‎CTime
‎CTime
Developer: WCO Inc.
Price: Free