スティーブ・ジョブズの名言|Connecting the dots(コネクティング・ザ・ドッツ)【青葉の働き方】

私がとても大切にしている言葉。

つらい時、苦しい時に必ず思い出している言葉。

落ち込んでいる人を励ますときにいつも使う言葉。

Connecting the dots (点と点をつなぐ)

についてご紹介します。

青葉

私にとっては「ヘコんだときの特効薬」です!

スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ

この言葉は、2005年、スタンフォード大学の卒業式でApple創業者のスティーブ・ジョブズ氏のスピーチに出てきた言葉です。

スピーチの一部を簡単に説明します。

スピーチ要約

・スティーブの母親は未婚の大学生であった
・彼女はスティーブを養子に出すことを決心し、労働者階級の夫婦と養子縁組をした
・やがてスティーブは大学に入学したが、やりたい事も見つからず、学費も高かったため、退学を決意
・退学を決めた後は、必須の授業を受ける必要がないため、おもしろそうな授業に顔を出していた
・そこでカリグラフ(文字装飾、日本だと書道)の講義を受けて、そのとりこになってしまった
・それから10年後、初めてのMacを設計していた時に、急にこのカリグラフのことを思い出した
・そのカリグラフの知識を、すべてMacに注ぎ込んだ
・そして美しいフォントを持つ世界初のコンピューターが生まれた
・退学を決心した時も、カリグラフを学んだ時も、先のことなど考えてなかった
・将来のことを見据えて、点と点をつなぐことはできない
・できるのは、後からつなぎ合わせることだけ
・だから、今やっていることが、いずれ人生のどこかでつながるだろうと信じるしかない
・我々は何かを信じないことにはやっていけないのだ

Youtubeのスピーチ動画も貼っておきます。お時間許せば、こちらもぜひご覧ください!

苦しい時にこそ思い出すべき言葉

今、つらいこと、しんどいことがあったとします。

仕事で失敗してしまった
友達に裏切られた
大切な人を失った
お金をだまし取られた

あなたの人生の中で、それらはすべて “点” の出来事です。これからも生きていく限り、時が流れていく限り、間違いなく”点”です。

笑顔

だからさ、この点がいつか未来につながる線になるよ!
大丈夫だよ!頑張って!

いやいや、私はそんな薄っぺらいことが言いたいわけではありません。

今つらいのに、それが将来に向けた線になっているなんで、頭でわかっても心で理解などできる訳がありません。

今、つらいんです。苦しいんです。

だから逃げることは絶対にできません。今はただ耐えて耐えて、そして受け入れるしかないのです。

その点と点がつながり、線が見えてくるのは未来でしかありません。

今、つらい思いをしている方、しんどい思いをしている方に伝えたいのはこの一言のみ。

青葉

未来には必ず笑っているあなたがいる!
それだけは絶対に信じてください!

未来の自分を信じること

大切な人を失ったり、大きな失敗をした人って、一生笑顔を無くしますか?私はそうは思いません。

どんなにつらいことがあっても、数日後、数週間後、数か月後、数年後には、みんな笑顔を取り戻すのです。

おもしろいことに笑い、おいしいものにおいしいと感じる。それが人間です。

今はただ泣くことしかできなくても、近い将来に笑顔を取り戻している自分は必ず存在します。それを信じてください。

次に起こるかもしれないよいこと、ラッキーなことを想像してはいけません。次に起こることも悲劇かもしれません。

でも、いつか笑っている自分だけは、絶対の存在なのです。

いつの日か笑顔でいられる自分を信じる限り、点は放っておいても時とともに勝手につながっていくのです。

笑顔のあなたに向けて真っすぐに。

青葉

私の場合、こう考えるだけで何でも乗り切って生きてます!

成功するために今できる事とは?

はっきり言いますけど、将来の目標なんか立てたところで、環境や人生がどう変わるかなんてわかりません。そんなものは予測不可能です。

であれば、やるべきこと、今あなたが確実にできることは、

点をたくさん作ること

です。

点が多ければ多いほど、きっと人生にいろんな道が作られていくのです。今はまださっぱり見えない道ですが。

目の前に転がっていること、それが楽しそうなことなら、将来のことなど難しく考えずに飛びつけばいいのです。

無理をして小難しい本を読んだり、聞きたくもない話を聞かなくてもいいのです。

成功してる人が「この本おススメ!」なんて言ったりしてますが、その人が成功したのはその本のおかげではありません。ずっと昔から作っていた点がつながっただけなんです。

真似なんてできませんよ!

青葉

だから私は人に勧められた本は読まない笑
好きなマンガでも読んだ方がよっぽど得るものがある

実は私、若いころ一時期、パチンコにハマっていたことがありました。時間と金の無駄だと思ってとうにやめてしまいましたが・・・

でも最近知り合ったとある会社の社長さん。彼もちょうど私と同じ時期にパチンコにハマっていたそうで、当時のパチンコ台の話で盛り上がり、意気投合。

そのことがきっかけで、今では何でも相談できる大切なビジネスパートナーとなりました。

パチンコが自分の仕事にプラスになるなんて、人生よくわからないですね笑

わからないからこそ、今をそこまで悲観しなくてもいいんです。

もう一度言います。

点さえたくさん作っておけば、後は勝手につながっていきますから!

青葉

ギャンブル勧めてるわけじゃないよ!パチンコなんてやめときなさい笑